オゾン水 生成器 / オゾン水の活用



<1>オゾンの化学的特徴


酸素は 酸素原子2個が結び付いた、安定した状態で空気中に存在しています。
大気には21%の酸素、78%の窒素、1%の二酸化炭素が含まれており、その比率が
がらりと変わることは通常環境では無いように、酸素分子は「安定した状態」のものです。

オゾンは 酸素原子3個が結び付いた気体で、酸素分子(酸素原子2個)に不安定な酸素原子1個が
結びついています。この不安定な酸素原子1個が 他の分子に結び付くと、有機物の場合は
二酸化炭素と水に酸化分解されます。このオゾンの酸化力はフッ素に次ぐ強いものでありながら
残留性はないので、医療・食品製造・半導体製造などで、殺菌や洗浄(≒酸化分解)に
幅広く活用されています。殺菌の場合、細菌の細胞膜をオゾンが破壊してしまうので細菌は乾燥死します。



<2>オゾン水とは


オゾンを水に溶かしたものがオゾン水で、オゾンは水に溶かしても大気下と同じ働き(反応)をします。
オゾンの、水への溶解度は酸素の 10 倍と高く、殺菌力は水中では塩素の 7 倍とされています。

食品の薬剤殺菌で使用される次亜塩素酸ナトリウムと適用濃度を比較すると
オゾン水は、より低濃度で効果を存分に発揮します。
また次亜塩素酸ナトリウムの場合は、
有機物と化合すると残留副産物を生成します。その中には発がん性が指摘されている環境ホルモンや
トリハロメタンも含まれています。それらは分解が難しいため残留しますが、オゾン水には残留物が発生しません。

 (1)オゾン水(約1ppm濃度時)による殺菌例
 大腸菌>>5秒で100%死亡
 ブドウ球菌>>5秒で100%死亡

 (2)オゾン水(約0.5ppm濃度時)による、微生物の不活性化の例
 カビ>>約20秒で99.9%死亡
 酵母>>約90秒で99.9%死亡

以下は、0.58ppm濃度での実験結果(溶液1ml、大腸菌・ブドウ球菌:10x5乗個、カビ・酵母:10x6乗個)です。
オゾン水 殺菌効果


<3>オゾン水生成器 -オゾン水を作る方法-

オゾン水の生成には、大別して以下3つの方法がありますが、まず大きな前提があります。

前提1:吹き込む気体が無声放電で作られた、「オゾンの混じった雑気体」であった場合
前提2:水中の溶存気体を電解する場合は酸素以外も電解されてしまう

上記の前提条件下では、オゾン水ではなく「オゾン水と窒素酸化物等残留液の混合水」ができます。
多くの人がオゾン水と信じ込んでいますが、簡便な装置では注意が必要です。

また、オゾン水濃度を測る場合は、化学発光法・吸光光度法いずれも、測定対象を
[オゾン]と[窒素酸化物]で、切り替えて計測できる測定器をお選びください。



1. オゾンを水に吹き込んで気泡にして溶かして、オゾン水にする

簡単な方法ですが、オゾンが水に吹き込まれた際に出来る気泡が水面に上昇してくるまでは
わずかな時間でしかなく、水と接触する気泡表面のオゾンしか溶け込まないため、水に吹き込まれた
オゾンの大半が空気中に捨てられることになります。


2. オゾンに圧力をかけて水に溶かして、オゾン水を生成する


ヘンリーの法則により「温度が一定の時、気体の溶解度はその気体の圧力に比例する」ので、
エジェクター(真空ポンプ)を使い、エジェクター内でオゾンと水を加圧混合させることで、
高濃度なオゾン水を大量に生成することができます。


3. 水中の溶存酸素を電気で分解してオゾン水を生成する


電解する接点を水中に入れて、オゾンが生成されるのを待ちます。
オゾン水のオゾン濃度は、水の中の溶存酸素量が限られている(酸素は水に溶けにくい)ため
上げることができませんが、家庭で使う少量のオゾン水には適します。 電解では酸素以外も
分解されますので、うがい等の際は飲み込まないように注意するほうが無難です。



<オゾン水生成器の導入 -オゾン水で洗うことのメリット->


オゾン水には強い殺菌力・脱臭力があり、使用後は水と空気に戻るため残留物=ゼロで安心です。
オゾン水による殺菌・脱臭は、作業者の手・食材・容器・調理器具類から、テーブル・まな板・床など、
洗えるもの全ての他、洗浄後にオゾン水が流れ込むシンク・グリストラップ・排水溝にまで効果を
発揮し、床などのヌメリも、オゾン水を使用し続けるうちに次第に取れていきます。
オゾン水は水と空気から作るため、原料コストがかかりません。


カット野菜や食肉の殺菌消毒では、殺菌後の水洗いが不要なので処理時間が短縮され、
食材の味・香りも保たれます。

農薬の除去分解もオゾンで促進されます。

野菜・果実・冷凍魚介類など、オゾン水処理すると変色を遅らせることが出来ます。

焼き肉店ではモツなどの殺菌・脱臭にオゾン水の掛け流しが効果的なため、
急速に導入が進んでいます。

ボトル・トレイなどの容器は、洗浄と同時に殺菌され、ニオイも残りません。
ボトリング・メーカーでは、リンサーとして洗浄と殺菌が同時にできるため、
ランニングコスト削減に大きく貢献します。

病院・介護など、安全でクリーンな衛生が必要な場所では、殺菌と洗浄(拭き掃除含む)が
同時に行えるため 労働負担から開放され、二度手間になっていた作業時間も短縮されます。


オゾン水生成器はオゾン水量3t/時間の大型装置でも100Vコンセントで使える(400W)ため、
熱湯消毒より低コストで、殺菌効果は湯より高いため食品/飲料メーカーで数多く採用されています。

またエコカーやエコ家電と同様、 ランニングコストを含めたトータルコストは安くなります。


 
オゾン水生成器  利用イメージ

<用途例>

■ 器具や容器を洗浄殺菌できます
  洗浄に使えば殺菌も同時に行えます
■ 食材等もオゾン水洗浄により殺菌され、
  鮮度も保持されます
  また、オゾンは残留しないので、添加物表示も
  必要ありません
■ 作業者の手の殺菌
■ 床洗浄によるヌメリ除去
■ 排水の悪臭やカビ臭を抑える

<使い方>
@ホースで水道蛇口と給水口をつなぎます。
A水道蛇口を開にします。
B電源スイッチをONにします。
Cオゾン水で洗浄を行います。
D蛇口を閉にして、水を止めます。
E作業が終わったら、電源スイッチをOFFにします。



オゾン水生成器 :コンパクトな装置から、移動型、大型装置まで>


一般/業務用 オゾン水生成器

 3タイプ共通カタログ(PDF)


オゾン水 生成器


違う場所へも楽々移動:エルクリン


安定した濃度と水量(5.5L〜16.5L/分)

長時間でも変わらない除菌・脱臭ができます。

・ オゾン水量 16.5L/分
・ オゾン水蛇口目安 2〜3ヶ所
・ オゾン水濃度 0.6〜1.2mg/l
・ 消費電力 33W(AC100V)
・ 外形寸法 W300×D200×H350  重量12kg
・ キャリー移動セット(オプション)

ランニングコストは塩素剤・次亜塩素水の1/5〜1/6です。
(4時間使用・5L/分 殺菌洗浄時)



オゾン水 生成器

手を近づけるだけで洗える :エルクリン・オート2

・ コンパクトで使いやすい小型オゾン水装置
・ ノータッチセンサー付き
・ オゾン水量 6.0L/分
・ オゾン水蛇口 1ヶ所
・ オゾン水濃度 0.6〜1.0mg/l
・ 消費電力 30W(AC100V)
・ 外形寸法 W320×D155×H306 重量8kg


オゾン水・オゾンガスが同時に使える:エルクリンDX


●高濃度オゾン水と オゾンガス(最大500u殺菌)の同時使用可能
 
●オゾン水濃度計を標準装備:誤差±1%以内の高精度モニタで
リアルタイム監視可
 
●オプションの昼夜切替タイマーで濃度切替による
  24時間除菌ができます
 昼はオゾン水+浮遊菌除菌→夜間は高濃度オゾンガスで
 徹底除菌が可能です


・ オゾン水量 30L/分(2g/h =30L/分1.8ppm)
・ オゾン水蛇口 4〜5ヶ所
・ オゾン水濃度 0.3〜1.8mg/l
・ 消費電力 60W(AC100V)
・ 外形寸法W521×D221×H650 重量37kg

・ オゾンガス 発生量1000mg/h
 5段階の濃度切替スイッチ(200mg/400mg/600mg/800mg/1000mg)

・ オゾン水濃度計(標準装備)
 デジタル表示で、簡単確実な殺菌濃度管理ができます

・HACCP対応



大型業務用 オゾン水生成器    

 3タイプ共通カタログ(PDF)

オゾン水 生成器 業務用

型式:TTB-3000M


●操作が簡単なシンプル・デザイン・パネル採用
●オゾン水混合機能
●オゾン水量 3.0〜45L/分
●オゾン水濃度 0.0〜1.2mg/L
●オゾン発生量 3.0g/h

オゾン水 生成器 業務用


型式:TTB-5000M


●操作が簡単なシンプル・デザイン・パネル採用
●オゾン水混合機能
●オゾン水量 3.0〜45L/分
●オゾン水濃度 0.0〜2.5mg/L
●オゾン発生量 5.0g/h

オゾン水 生成器 業務用

ベガDXトルネード2.0
型式:TTB-9G


●操作が簡単なシンプル・デザイン・パネル採用
●オゾン水混合機能
●オゾン水量 3.0〜40L/分
●オゾン水濃度 0.0〜5.0mg/L
●オゾン発生量 9.0g/h


オゾン水 生成器 業務用カスタム


<カスタム装置のご案内>



・オゾンガス濃度15〜500mg/h オゾン水濃度1〜20ppm 
水量1t〜100t/hの大型装置まで対応できます。



また、オゾン水装置と併用して殺菌効果を高めることができる
オゾン殺菌装置・紫外線殺菌装置もご用意しています。

>オゾン空気殺菌装置は こちら をご覧ください。

>紫外線殺菌装置(コンベア式)は こちら をご参照ください。



 

 紫外線照射装置・UV照射装置のマリオネットワーク宛:電子メール  e-mail: ask@m-n-w.com




   連絡先
  有限会社マリオネットワーク 
  環境事業部門
  電話 045−543-9437 
  Eメール:catch@m-n-w.com

       ページ先頭に戻ります

オゾン オゾン発生器 紫外線装置のマリオネットワーク  | オゾン特集 | 会社案内  | マリオネットワーク : 045−543-9437
 l オゾン生成 l 紫外線オゾンのメリット l オゾン水装置 l オゾン脱臭 l

    

Copyright©2001-2019 Marionetwork All Rights Reserved.